1年生


阿部 裕海 小学生の頃、テレビで「Yeah!めっちゃホリディ」を披露するはるな愛に感銘を受けアイドルになることを決意。
現在はspm48研究生。部員に笑顔を届けることが仕事である。

五十嵐 宇宙 将来は前澤友作になって欲しいという願いを込められて両親から宇宙と名付けられた所までは良かったが、どこかで間違えて札医大羽球部に入部。
怖いものは女装した時のガリットチュウ福島。

権 裕河 キムチより寿司が食べたいという理由で韓国より来日した。
韓国に半年しか住んだことがないことを話すとだいたいがっかりされる。
優しい人のふりをするのが得意。

児玉 美咲 なにかしらの感想を求めると泣いたしか返ってこない。
以前、死について考えていたら霊柩車に轢かれたことがある。
侘び寂びの概念を持ち合わせていない。

佐藤 佳歩 女子大生っぽいことが好物。
すぐインスタグラムに飲み物をあげるしブーメランとかやる。全くもって滑稽である。
鏡で自分を見てうっとりするのが日課。

谷口 真依子 趣味は星を眺めること。
中学生よりポエムの創作に取り組んでおり、現在ノート7冊のストックがあることは周りには秘密にしている。
たまに学校への行き方を忘れてしまう。

西山 颯人 旭丘高校が作り上げてしまった不良品。
少々前衛的な行動をとることが多く、しばしば人を困惑させる。
古い体質の企業の役人のような風貌をしている。
特技は集団からバックレること。

佐々木 花梨 伊藤と同じ小学校、佐藤(大)、金澤、松家と同じ高校出身という、どこをどう考えてもろくな環境で教育を受けていない女の子。
民度はさほど低くない。千歳市民が聞いて呆れる。

妹尾 一樹 菅原と島田に仲間外れにされるとヘソを曲げてしまう。
流行に敏感で余市ではファッションリーダーとして名を馳せていたらしい。
メンタルが弱め。

八谷 京佳 自己紹介で自らはっちーと呼んでくださいと発言。
髪を切り大人の女性を目指したが性格が邪魔をしてうまくいっていない。
やべえファンタジーアニメにハマっている。

宮崎 祐衣 集合写真のサイズ感が周囲と比べて明らかに小さい。
人と目が合ったら先に逸すと負けだと勘違いしている。
会うたびにどこかしらの調子が悪い。

菅原 靖 和製マルフォイ。部活の声出しは任せろフォイ。
外見だけで言うとガラが悪いが一人称は僕。
周囲からストレスの捌け口にされており、損な役回りになることが多い。

須田 莉里花 弟の影響で大学からバドミントンを始めた。
練習熱心だが練習の時間以外では人前にほぼ姿を見せない。
作り笑いのクオリティが酷い。

幅口 亜紀 帯広の森でエゾリスと一緒に育てられた。
全ての動作でやる気が感じられないが本人的には一生懸命やってるつもり。
好きな色は群青色。

島田 清貴 室蘭が生んだいい人。
え、今?というタイミングで暴言を吐いたりする。
女子が少ないためどうしても室蘭工業大学には行きたくなかったらしい。とんだ青春ボーイである。

村上 莉歩 典型的なしっかりしてそうでしっかりしてない子。
この大学を選んだ理由は将来食いっぱぐれることがなさそうだったから。
現在は食品の盛り付け業務で生計を立てている。

山内 美海 「オラ、札幌の大学さ行ぐ」
そう心に決めた少女は満を持して札幌へ。
以前N◯Kの集金を怪しい人と勘違いし警察を呼びそうになったことがある。札幌は怖い街である。